多嚢胞性卵巣症候群の原因と対策

【PR】医療機器でダイエット?⇒キャビスパ

 

現代の不妊症の代表的な原因のひとつ「多嚢胞性卵巣症候群」
基本的な症状や原因などの知識と、その対策。
予防に有効なサプリメントなどをご紹介します。

多嚢胞性卵巣症候群

多嚢胞性卵巣症候群とは

多嚢胞性卵巣症候群(たのうほうせいらんそうしょうこうぐん)とは、卵巣の中に卵胞(卵子の入った袋)がいくつもでき、排卵障害を引き起こす病態のことです。
生理のある女性の約6〜8パーセントにみられるとされ、英語ではPolycystic ovary syndrome、略してPCOS(ピーコス)とも呼ばれます。

 

明確な原因はまだ特定されていませんが、インスリン抵抗性(肥満でよくみられる、血糖が下がりにくい状態)や、卵巣からの男性ホルモン過剰産生など、複数の要素が組み合わされてできた状態であると考えられています。
その名ののとおり、卵巣には多数の嚢胞が発生します。

 

多嚢胞性卵巣症候群は排卵障害を引き起こす代表的な病態であり、不妊になることもあります。
月経周期ごとに正常に排卵が起こるかどうかが、不妊の原因になるかどうかのポイントとなります。

 

ただ、うまく排卵が起こるようになれば、妊娠率は他の不妊原因である場合よりも高いともいわれています。
重症度も人によって違いますし、排卵の頻度、つまり月経周期が短い(30日に近い)ほど妊娠率も上がるといえるようです。

 

また、これまで排卵されなかった分、卵が多く残っているという考え方もできますし、子宮や卵管の問題ではないので、排卵が起これば自然妊娠する可能性も十分あるようです。
実際、多嚢胞性卵巣症候群であることに気付かず自然妊娠する方もいるそうです。

 

多嚢胞性卵巣症候群

主な自覚症状

1.排卵が起こりにくいことによる月経不順・無月経・無排卵月経
2.卵胞に含まれる男性ホルモンが血中で増加することによる多毛、にきび、低音声などの男性的特徴
3.肥満
4.黄体ホルモンの分泌異常による月経過多・不正出血
5.排卵障害による不妊

 

多嚢胞性卵巣症候群の原因

多嚢胞性卵巣症候群はインスリンと深く関わっていると言われています。
インシュリンとは、すい臓から分泌される血糖値をコントロールするホルモンで、体内のグルコースをエネルギーに変換する働きをしています。
多嚢胞性卵巣症候群になると、このメカニズムに影響を与える細胞ができるために、インシュリン抵抗性(インシュリンの働きの鈍化)が生じるのだといわれています。

 

インシュリンの働きが鈍くなることで、それを補おうとインシュリン量が増え、インシュリンの増加に伴って男性ホルモンも増加し、排卵に異常を来すと考えられています。
また、血糖値の上昇による血行不良も、体内の老廃物の排出を阻害し、卵巣に悪影響をおよぼすと言われています。

 

多嚢胞性卵巣症候群

予防対策

インスリン抵抗性などの糖代謝と関連が深いのではないかと考えられているため、甘い物が好きで毎日大量に食べている人は少し控える、肥満にならないよう定期的に運動するなど生活習慣を改めることが予防法の一つです。

 

肥満の場合は血中のインスリン値が高いことが多く、インスリン抵抗性(血糖値をコントロールするホルモンが働きにくくなること)が生じることで、血糖値を下げる働きが鈍くなり、それが排卵機能を低下させるともいわれています。
インスリン抵抗性によって血糖値やコレステロールが高くなり、太りやすくなることがあるため、多嚢胞性卵巣症候群の症状のひとつに肥満が挙げられるそうです。
肥満は欧米人の多嚢胞性卵巣症候群には特に多い症状です。

 

ピニトールで血糖値を下げる

海外ではすでに、多嚢胞性卵巣症候群の疾患にピニトールの処方が行われています。
ピニトールは別名「植物性インスリン陽物質」とも言われており、体内でインスリンと同じような働きをするのものです。
多嚢胞性卵巣症候群
植物などに含まれるピニトールは体内でインスリンと同じような働きをするため、インスリン抵抗性があるために血糖値を下げられない方でも、血糖値を下げることができます。
インスリン抵抗性を改善し、血糖値を下げやすい状態へ戻すため、多嚢胞性卵巣症候群だけでなく糖尿病の予防、改善の効果も期待できます。
天然素材であるため副作用の心配もなく、様々な症状の改善に繋がるピニトールが世界で注目されているのです。

 

ピニトールは、アイスプラントという植物に多く含まれていますが、アイスプラントは食用での流通が少ないため、サプリメントでの摂取が基本になります。

 

 

妊活のちょっとしたポイントにも

世の中のご夫婦の中には、お子さんを持ちたいという願い持っているにもかかわらず、なかなか子宝に恵まれないと悩んでいる人たちが少なくありません。
そういった人たち、特に女性は妊娠しやすい体作りのために色々な手段を試みる場合が多く、その方法として人気の高いものの一つに葉酸サプリの使用があります。
葉酸を摂取することで、胎児に神経管閉鎖障害などの問題が生じるのを予防できる効果があり、また妊娠の可能性を上げることが期待できると言われています。
葉酸サプリを使用するのは、実際に妊娠して胎児を育む女性である場合が多いのですが、男性は使用する必要はないのかというと、決してそのようなことはありません。
胎児に神経管閉鎖障害などの問題が生じる原因として、男性の精子に問題がある場合があり、それには葉酸不足が関係しているというデータがありますし、また男性に葉酸が不足している夫婦は、妊娠の確率が低くなるとも言われているからです。なので女性はもちろん、男性も一緒に葉酸サプリを飲むことが望ましいと言えます。日本では色々な種類の葉酸サプリが販売されていますが、中でも特に人気が高いものにベジママがあります。
ベジママにはピニトールという、アメリカで不妊対策として注目されている成分が含まれており、より高い効果が期待できるからです。

 

不妊治療をすることになってしまったら

不妊治療にかかる費用は病院や治療内容によって異なってきます。治療にあたっては男性・女性ともに必要な検査を受け、不妊原因を調べることからはじまります。
検査の結果、何らかの異常が見つかればそれに関する治療が行われます。内容によっては保険適応になる項目もありますが、自費の部分もあります。
特に異常が見つからず医師に排卵の時期を確認してもらってタイミングを取るタイミング療法の場合でも、1周期に3〜4回通院する必要がありますので、5000円〜8000円程度はかかります。
しかし、それらの治療を続けても妊娠に至らない場合は、治療のステップアップをすることになります。体外受精や顕微授精などの高度生殖治療においては保険診療外となりますので、採卵にかかる費用、排卵誘発剤などの薬剤費、移植費用、受精卵の凍結・融解にかかる費用などはすべて自費となります。
採卵方法によって違いはありますが、だいたい1回の採卵にかかる費用は20万〜40万程度、1回の移植費用に10万〜20万程度はかかります。

 

1度で妊娠できる確率は30%前後ですので、結果が出なければ何度も繰り返す人もいます。
自治体から助成金が出る場合もありますが、やはり金銭的に大きな負担になります。また排卵誘発の注射や採卵後の卵巣の腫れによる痛みなど、身体にかかる負担も大きなものです。
その点を理解したうえで治療を受けるかどうか、よく考えて決めることが大切です。